アメリカでは大手メディアが利用 日本で“内部告発サイト“が根付く可能性は?(AbemaTIMES)

出典元:AbemaTIMES

今、アメリカで注目を集めている内部告発サイト「セキュアドロップ(SecureDrop)」。

 天才プログラマー、アーロン・シュワルツ氏が開発したこのサイトは、告発者が登録されたメディアの中からタレ込み先を指定して書き込むことができるシステム。送信されたメディアのジャーナリストが追加取材を行う。自分以外の人がアクセスしているように見せかけることで、告発者は痕跡を残すことなく、匿名性が保たれるのだという。

 2015年、刑務所の電話システムを請け負っていた会社が、収監者と弁護士が交わした通話1万4千件あまりを不正に記録していたことがセキュアドロップを通じた告発で発覚。大きな社会問題になった。

 現在、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなど、アメリカ主要メディアでこのシステムの利用が増えているほか、イギリスのガーディアンやカナダのラジオカナダ、グローブアンドメール等、30社以上が利用しているが、日本の大手メディアによる利用はまだない。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

橋本 卓也さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメントを残す