記者が「横浜ベジナポ」試食 野菜の食感素晴らしい(日刊スポーツ)

出典元:日刊スポーツ

全国からナポリタンの名店が集まり、日本一を決めるイベント「カゴメ・ナポリタンスタジアム2017」が今月13、14日、東京スカイツリー(東京都墨田区)のスカイツリータウン4階「スカイアリーナ」で開催される。昔懐かしの本格派からスイーツ風、イカスミを使った黒~いナポリタンまで、地方予選を勝ち抜いた10店舗が自慢の味を競う。

【写真】大勢の人でにぎわった13年の第1回ナポリタンスタジアム

 記事を書いていたら、無性にナポリタンが食べたくなった。気がつけば関東甲信越大会代表の1つ、「横浜ベジナポ」を食べに行ってしまっていた。全国大会を前にややフライング気味だが、冷静な目でリポートしたい。

 今や国民食とも言えるナポリタン。その発祥の地が港町・横浜だという。「ベジナポ」を提供するのはJR関内駅から徒歩数分、ビルの地下1階にある「隠れ家酒場横浜ブギ」。外観、店内ともおしゃれなバーの雰囲気だが、本格的な洋食を出すお店として地元では人気らしい。

 「ベジナポ」は店長の岡添勉さん(55)が考案。ベースにあるのは子どものころに食べた母の味という。「野菜がいっぱい入っていてね。苦手だった野菜もナポリタンにすると不思議と食べられた」。子供たちに、おいしい野菜をたくさん食べてほしい。そんな願いも込めた。「作り方も簡単なので、ぜひ家庭でお子さんに作ってあげてください」。一方、ちょうど母の日に開催される全国大会に向けては「発祥の地代表として、横浜に優勝を持って帰りたい」と鼻息は荒い。

 さて、その自信の一品は、ハーブを含め13種類の野菜をたっぷり使ったもの。季節によるが、基本的に全て地元神奈川産という。さっそく試食。普段食べるケチャップの主張が強いナポリタンとは、明らかに味の深みが違う。それぞれの野菜の食感も素晴らしく、その野菜によるものか、麺自体も自然な甘みが感じられた。美味。これで800円は大満足だ。全国大会代表の実力、恐るべし。

 となると、気になるのはほかの9代表。ここまできたら北は函館から南は熊本まで、全店リポートを敢行しようとしたら上司に怒られた。まあ確かに百聞は一食にしかず、である。全国のナポリタン自慢が集うスカイツリーで、ぜひご自身で確かめてみてくださいね。【石井康夫】

工藤 真一のSCALTER(スキャルター) 体験談とネタバレがヤバいかも

工藤 真一さんの
SCALTER(スキャルター)がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

コメントを残す