83歳ギタリスト引退危機 大阪・西成路上で23年(日刊スポーツ)

出典元:日刊スポーツ

大阪・西成の路上でギターを演奏し続けて23年、83歳の演歌ギタリストが引退のピンチを迎えている。タクシー運転手を60歳で定年退職したのを機に路上デビューした堺市の泉敬三さんは、冬の間と雨の日以外はほぼ毎日、客の要望に応え、「路上カラオケ」の伴奏のギターを弾いてきた。今春、住民の「苦情」から路上に出る機会が減り、引退も考えるようになった。

 大阪のシンボル、通天閣を抱く大阪の繁華街・新世界。串カツ店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」南端が泉さんの本拠地だ。「よう、元気かいな。寄っていってや」。一斗缶に座り、常連客に声をかけると、人の輪ができる。要望があれば、自らも歌う。好きな曲は「無法松の一生」だ。

 愛媛県宇和島市の農家の三男として生まれた。13歳の時、ギターを覚えた。20歳のころ、大阪へ。定年退職し「自分が楽しく、人に楽しんでもらうことをしよう」。レパートリーは昭和30年代の演歌を中心に約120曲。金額は客が決めるが、1曲100円が相場だ。客の中には「泣きながら歌う人もいる。みんな、背負っているものがあるねん」。4月に入り、泉さんのもとへ警察官が訪れる回数が増えた。近所から苦情があったからだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す