神戸の「赤ちゃんポスト」設置見送り(関西テレビ)

出典元:関西テレビ

親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れる、いわゆる「赤ちゃんポスト」を神戸市に設置することを目指していたNPO法人が、設置を見送ることが分かりました。

「こうのとりのゆりかご」は10年前、熊本市の慈恵病院に設置され、昨年度までに125人の赤ちゃんが匿名で預けられました。

大阪のNPO法人は今年2月、神戸市北区にある助産院で、国内で2例目となる「こうのとりのゆりかご」の設置を目指すと発表しました。

しかし、預けられた赤ちゃんの健康状態を診て病院などに運ぶことは医療行為にあたることから、医師のいない助産院では運用が難しいと判断し、設置を見送ることを決めました。

一方、親が育てられない赤ちゃんが遺棄されることを防ぐため、この助産院で24時間、妊婦や母親からの相談を面談で受け付けることを明らかにしました。

【マナ助産院・永原郁子院長】
「いま困っているお母さんがいるならばここにおいでって。どんな形をとっても命を守るところはつくろうねっていうのが、私たちの気持ちですので」

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す