猟師、美容師としての活動も 高浜原発の町で奮闘する28歳の女性町議(AbemaTIMES)

出典元:AbemaTIMES

全国に約3万3000人もの政治家が存在する中、日本の未来を担うべく奮闘する35歳以下の若手政治家たちがいる。

 福井県大飯郡高浜町の児玉千明町議、28歳。2015年の選挙で初当選、町議会の最年少議員として新風を吹き込んでいる。力を入れているのは政治を身近なものにすること。議員になってすぐ、それまで無かった傍聴席を設置するよう働きかけた。その結果、今年初めて37席の傍聴席が設置された。

 大阪の美容専門学校を卒業した児玉議員は、予約が入れば母が経営する美容室で美容師として仕事をする。2年半前には狩猟免許を取得、山に入ってイノシシやシカなどの狩りを行なっている。捕まえた獲物は全て自分の手でさばき、毛皮やソーセージにしているという。町議会議員、美容師、“狩りガール“という「三足のわらじ」で活動しているのだ。

 そんな彼女が政治家になったのは、町が抱える問題を憂い、橋渡し役になって暮らしやすい高浜町を作りたいと考えたからだった。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す