女装だからわかった「街中で男が声をかけてくる/かけてこない」格好の違い【カリスマ男の娘・大島薫】(週刊SPA!)

出典元:(日刊SPA!)

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

⇒【写真】大島薫の全身自撮り

 スカウトやキャッチに遭いやすい服装と、ナンパに遭いやすい服装は違う。

 繁華街を1人で歩いていると、たまに声を掛けられる。多くは水商売や風俗のスカウトだが、ごくたまにナンパもいる。男性の見た目のときは、男性から誘われることなんてほとんどなかったため、最初のうちはわからなかったが、何度かそういった経験を繰り返すうち、声をかけられるときの自身の服装の違いに気づいた。

 まず、まったくもってキャッチにもナンパにも声をかけられない服装がある。「ボーイッシュな格好」だ。パンツにシューズ履きなんかだとまったくもって声をかけられない。そういう女性が好きな男性もいるだろうが、どうやら女性に声をかけようと考えている男性陣にはウケが悪いようだ。

 では、スカウトに遭いやすい服装とはなんだろう。それは単純に「派手で露出度の高い服装」だとボクは思う。スカウトを生業とする男性たちが狙いやすい女性は「水商売や風俗で働いていたことのない女性」ではなく、「すでにどこかのお店で働いている女性」だ。そういう職業に抵抗のない女性たちなら、いまのお店よりいい条件を提示できればすんなりスカウトができる。

 その判断基準に合致する、派手なファッションに身を包んだ女性は、出勤前の可能性が高いので総じてキャッチに遭いやすい。だから、男性らは話し始めに「おつかれさまです!」と言ってくる。そういった女性を相手にすることの多い、ホストのキャッチも同様だ。

◆一方で、ナンパをされやすい服装は?

 では、ナンパに遭うことの多い服装だが、これは「男受けのいい服」に尽きる。といっても、男性は「男受けのいい服の例を挙げろ」と言われてもピンと来ない人が多いのだが、なぜか惹かれる服が男性にはあるのだ。ただ、ボクは男性だが、なんとなくこの傾向を知っている。

 例えば、オーバーニーソックスにミニスカートなど、女性からすると「うわぁー、アイツやってるやってるー」と思われてしまいがちな服装は、正直男にはバカ受けだ。清楚っぽい雰囲気が全体に漂っていると、なおいい。

 声をかけても怒らなさそうとか、優しく接してくれそうな感じが、ナンパしやすい雰囲気を生むのだろう。

 ちなみに、声をかけてくる男性の多くは中年以上の年齢層の男性が多い。たまに若い男性もいるが、意外と年配になってくるほうが女性に声をかけることに抵抗がなくなるようだ。そういうことも含めて考えると、やはり男心をくすぐる服装をしているのに男を知らなさそうな雰囲気は、声をかけたくなるのではないだろうか。たぶん女性からすると「そいつは誰よりも男を知ってるよ!」といった感じなのだが、いやはや、男女の認識の違いは面白い。

 実は、派手で露出度の高い格好もナンパに遭いやすくはあるが、そういうときに声をかけてくるのは若い男性が多く、やはりナンパに遭う頻度でいえば男受けのいい服には敵わない感じを受ける。

◆男性はどんな格好の女性に声をかけるべきか?

 さて、それらを踏まえて、では、これを読んでいる男性読者に、ボクが考える実際に「遊んでくれる女性の服装」を書いてみたいと思う。それはズバリ「抜けてる女性」だとボクは考える。

 つまり、どういうことかと言うと、全身ほぼ完ぺきなコーディネートなのに靴だけボロボロだったり、パッと見は綺麗なのによく見ると服にほつれがあったり、そういうどこかに抜けている部分がある女性は、ナンパの成功率が高いとボクは考えている。

 以前から書いていることだが、女性は男性より他人の目を気にする。街中で声をかけられてフラフラついて行くような女性に見られたいと思っている女性は、ほとんど皆無といっていいだろう。

 例えば、派手で露出度の高いファッションの女性は正直、ナンパの成功率は低い。高いヒールや、生足が全部出てしまうようなショートパンツは、女性にとっての戦闘服のようなものだ。ある種自信がないとなかなか着れるものではない。だから、女性の中でも意識の高い人物だといえる。そんな意識の高い女性が、ナンパにフラフラ付いてくようなところを街中で見せることはまず期待できないだろう。

 靴のよごれや、服のほつれなどは女性同士が1番気にするファッションの抜けだ。そこが甘いということは、どれだけ綺麗に取り繕っていても、実際のところ「同性の目はあまり気にしていないタイプ」だという可能性が高い。そういう女性を狙うべきだと、実際に女性の格好をして生活をしてきたボクは思うのだ。

 男女の視点の違いは面白い。「そんなエロい格好して、男を誘ってるんだろ?」なんて思うのは、まったくもって男の発想でしかない。実際のところ、服装に隠された女性の本当の内面は、女性同士のほうがよくわかる。今日のファッションの裏に隠された女性の心理を想像してみると、もう少し深く女性のことを知ることができるのではないだろうか。

【大島薫】

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す