希望11月中に共同代表選、小池氏は代表にとどまる(日刊スポーツ)

希望の党は27日、国会内で両院議員総会を開き、小池百合子代表を補佐する国会の「共同代表」を当面置かず、11月中に共同代表選を行うことを決めた。

【写真】橋下氏怒る!百合子批判に「ろくでもない国会議員」

 幹事長兼政調会長には大島敦・前民進党幹事長を充て、国対委員長に笠浩史氏を起用した。

 現在の党規約は、代表が共同代表を指名するとしており、近日中に党規約を改正するため大島幹事長の下に党再生、党規約改定、代表選を含めた選挙管理の3委員会を設置する。11月1日召集の特別国会の首相指名では、渡辺周元防衛副大臣(55=衆院静岡6区、当選8回)に投票すると決めた。当選回数と年齢が最上位だったことが理由。

 小池氏は総会の決定を受け「一致団結して進むようお願いする」と話し、首相指名までに共同代表が決まらないことには「むしろ本格的に選んでいくことが優先させるべきで、とても良い考え」と述べた。大島氏は「あくまで国会議員団の意思に基づいて決めたということを強調したい」と主張した。

 党規約改正では共同代表だけでなく、小池氏が就く「代表選」についても盛り込むべきとの案も出たという。しかし、時間がかかりすぎるとの理由から、今回は見送る方針で、小池氏は代表にとどまる見通し。この日、総会前に開いた議員団会議では小池氏の辞任を求める声は出なかったという。

 野党連携について樽床伸二代表代行は「新しい共同代表の下で話し合うことになる」と語った。

 共同代表にと推す声もある玉木雄一郎衆院議員(48)は共同代表選について、野党連携が争点になるかと問われ「そうでしょう」と話した。一方で「私の考え方は、それぞれ別の党として公約を示して得票した。まずは自分たちの党の立ち位置やカラーをしっかり示すことが最優先なのでは」と語り、野党連携よりも党の土台を固めるべきとの考えを示した。

 自身の出馬については「新党の代表はより厳しいが、1000万票の有権者にどのように責任を果たすか、仲間と相談して決めたい」と語り、明言は避けた。

いま、話題になっている・・・
あみわくわくお茶会をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社アジアトレードさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメントを残す