小池知事、1年3カ月ぶりに臨海部の五輪会場視察(日刊スポーツ)

東京都の小池百合子知事は27日、年明けに開催予定の2020年東京五輪・パラリンピックの調整会議で、開閉会式を議題にしたい考えを示した。調整会議は組織委の森喜朗会長をはじめ、文科相、五輪相、日本オリンピック委員会会長、日本パラリンピック委員会会長らが出席するトップ級の集まり。前日26日、森氏と会... 続きを読む

もうそろそろ帰って…九州北部豪雨で不明の妻待つ夫(日刊スポーツ)

<今年のニュース掘り起こし:プレーバック2017>  7月の集中豪雨による大規模な土砂災害で福岡、大分両県で死者39人不明者2人の甚大な被害をもたらした九州北部豪雨からあと8日で半年。被害が集中した朝倉市では今月、不明者2人が発見され、身元が確認された。同市杷木松末の建設業田中耕起さん(54... 続きを読む

豪雨から半年も仮設生活「戻っても家は建てられん」(日刊スポーツ)

<今年のニュース掘り起こし:プレーバック2017>  7月の集中豪雨による大規模な土砂災害で福岡、大分両県で死者39人不明者2人の甚大な被害をもたらした九州北部豪雨からあと8日で半年。  朝倉市杷木の杷木小学校グラウンドには、木造の仮設住宅が並ぶ。ミニバイクで帰ってきた梶原ミドリさん(78... 続きを読む

藤井聡太四段、今年最後の対局で通算55勝目目指す(日刊スポーツ)

将棋の第66期王座戦1次予選、藤井聡太四段(15)対豊川孝弘七段(50)戦が28日、関西将棋会館で行われた。公式戦29連勝の新記録を樹立した藤井の今年最後の対局となる。指し納めで通算55勝目を目指す。【写真】初手を指した後ニヤリと笑う藤井四段 振り駒の結果、藤井が先手に決まった。午前10時、お... 続きを読む

藤井四段、今年最後の勝負メシは親子丼と温そば(日刊スポーツ)

将棋の第66期王座戦1次予選、藤井聡太四段(15)対豊川孝弘七段(50)戦が28日、関西将棋会館で行われた。公式戦29連勝の新記録を樹立した藤井の今年最後の対局となる。指し納めで通算55勝目を目指す。勝負は互角のまま正午前に昼食休憩に入った。【動画】藤井四段の勝負メシ 実食リポ 藤井はそば・う... 続きを読む

水戸市元旦マラソンで大谷翔平応援メッセージを募集(日刊スポーツ)

茨城県水戸市は来年1月1日、千波湖で元旦マラソン大会を開催する。会場の特設ブースでは、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(23)に向けた応援メッセージを募集し、水戸市旗へ寄書するイベントを行う。同市は1976年(昭51)から、エンゼルスの本拠地、米カリフォルニア州アナハイム市と「国際親善姉妹都市」... 続きを読む

藤井聡太四段55勝締め、正月は「ゆっくりしたい」(日刊スポーツ)

将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が28日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦1次予選で豊川孝弘七段(50)を109手で破り、17年最後の対局を白星で飾った。【一覧】藤井聡太四段の公式戦成績/55勝10敗 【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのがちょっと【インチキ... 続きを読む