東京メトロ日比谷線 国内初の車内BGM試験運用も…賛否両論(スポニチアネックス)

東京メトロは29日、日比谷線の一部車両でBGMを流す試みを始めた。通勤・通学に使う列車で営業運行中に音楽を流すのは国内初。この日は4本の電車でヒーリング音楽をかけた。

 東京メトロによると、昨年3月にデビューした13000系車両で実施。当面の間、中目黒―北千住間で、乗客の少ない昼の時間帯での1日数本、ヒーリング音楽かクラシック音楽を流す。担当者は「よりよい車内空間を提供したい。癒やしをテーマとした曲で、好意的に受け止めてもらえれば」と話した。

 クラシックはショパンの「ノクターン」など3曲、ヒーリング音楽は「朝空を開いて」などの3曲。事故や荒天でダイヤが乱れた時を除き、所定の電車の運行中は続けるという。

 きっかけは、昨年7月に誤って運行中の車内でクラシック音楽を流したところ、好意的な意見が寄せられたこと。13000系車両には車掌アナウンスなどを聞こえやすくするため、高音質のステレオスピーカーが付いており音の点検用にBGM機能が付いていた。

 この日、実際に乗車した東京都台東区の会社員田口洋さん(40)は「地下鉄は景色がないので、何も音がないより居心地がいい」と好意的な意見。一方、東京都港区の会社員吉村佳奈子さん(27)は「眠くなるのでやめてほしい。何のために流しているのか分からない」とし、今のところ賛否両論があるようだ。

 東京メトロは、どのような音楽を流すかも含め、乗客の意見を集約して今後の方針を決めるという。

 【電車内のBGM】

 ◆「ななつ星」 JR九州のクルーズトレイン。車内で朝やティータイムにオリジナルのイメージソング「ドアの向こう」などが流れる

 ◆「ゆふいんの森」 博多―由布院を結ぶJR九州の特急列車。軽やかな音楽や小鳥のさえずりなどが流れ、リゾート気分を盛り上げる

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

コメントを残す