高3男子逮捕!仮想通貨不正入手ウイルス作成 標的モナコイン(スポニチアネックス)

約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した衝撃の冷めやらぬ中、高校生が仮想通貨に不正アクセスする事件が発覚した。愛知県警は30日、仮想通貨「モナコイン」を不正入手するためのコンピューターウイルスを作成したとして、大阪府貝塚市の高校3年の男子生徒(17)を不正指令電磁的記録作成・同供用の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は昨年10月10日ごろ、モナコインを引き出すのに必要なキー(パスワード)を不正入手できるウイルスを自宅で作成。モナコイン利用者向けの掲示板に投稿し、不特定多数の人がダウンロードできる状態にした疑い。

 昨年10月中旬にウイルスをダウンロードした東京都江戸川区の男性会社員(31)の口座から、当時のレートで約1万5000円相当のモナコインが勝手に引き出されており、県警が関連を調べている。男子生徒は「意図してやったわけではない」と容疑を一部否認している。

 男子生徒の作ったウイルスに感染すると、モナコインをパソコン端末やインターネットサーバー上に保管する「ウォレット」と呼ばれる口座から引き出す際に必要なキーが閲覧されてしまう。モナコインのレートを確認できるプログラムに仕込んであり、男子生徒はこのプログラムをダウンロードさせるために、掲示板に投稿したとみられる。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏によると「今回のようなウイルスは、少し勉強すれば専門学生レベルでも作成は可能」という。仮想通貨はプログラムが公開されており、ウイルスを作るのは比較的容易。ネット上に流布する簡単なプログラムを流用した可能性もあるという。

 ただ、仮想通貨自体の安全性が低いのではなく、井上氏は「信頼できる取引所や、公式サイト以外の掲示板などからプログラムを入手するのは避けるべき」と注意を促した。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメントを残す