菜那ダブル金、足元は超精密スケート靴 1000分の1ミリ調整(スポニチアネックス)

平昌五輪スピードスケート女子マススタートで24日、団体追い抜きに続き2個目の金メダルを獲得した高木菜那(25)の滑りを支えたのは、所属先の日本電産サンキョーの技術力だった。

 オルゴールなど精密機械を作る同社の技術者が、スケート靴のブレードを調整する機械を製造。平昌に担当者の小澤竜一さん(36)が帯同し、選手の滑りに合わせて細かい調整作業を行った。

 ブレードの氷と接する面は、大きすぎると摩擦抵抗が大きくなり、小さすぎると力が伝わらなくなる。1マイクロメートル(1000分の1ミリ)の変化で違和感を訴える選手もいるほど。関係者は「“この靴が自分に最適だ”と自信を持ってレースに臨めるのは選手にとって大切なことなんです」と説明した。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

コメントを残す