カー娘 悲願メダルへ原動力は“もつもつタイム” 地元寿司店に勝ちメシ(スポニチアネックス)

平昌五輪カーリング女子で24日の3位決定戦に回った日本代表(LS北見)は、地元・北海道北見市常呂町の寿司店「松寿し」の特製モツ塩鍋を“勝ちメシ”に悲願のメダルを目指す。

【写真】試合前、休憩時間に苺を頬張る藤沢(中)ら

 常呂町から平昌に声援を送り続ける店主の渡辺大棋さん(39)はスポニチ本紙の取材に「和牛のモツと大量の野菜を煮込んでおり、栄養たっぷりで、さっぱり味の鍋」と説明。1人前1080円の“裏メニュー”で「銀メダルを獲得した(2016年の)世界選手権後に来店された際、お祝いの意味を込めて出した。気に入っていただき毎回頼んでもらえるようになった」という。

 LS北見は、2010年の結成以来、同店の常連。大きな試合の前にはほぼ来店するといい、今や勝負前に外せないメニューとなっている。寿司も頼むが、もつ鍋は「野菜がいっぱい取れるからいいよね~」と必ず食べるという。

 今回も、韓国に渡る数日前の2月上旬に来店。吉田知那美(26)夕梨花(24)姉妹と鈴木夕湖(26)の3選手と、ジェームス・リンド(33)、小野寺亮二(57)両コーチの計5人で訪れた。「おいしかったよ~。平昌に行ってきま~す」と話し、店を後にしたという。

 第5エンド終了後に果物や菓子を食べる“もぐもぐタイム”が注目されているカー娘だが、地元の行きつけの店で充実の“もつもつタイム”を過ごして平昌に乗り込んだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す