籠池被告、昭恵夫人を再び“口撃”!?23日野党が拘置所接見(スポニチアネックス)

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんを受け、野党3党が23日、前理事長の籠池泰典被告(65)と大阪市内の大阪拘置所で接見することが決まった。27日に実施される佐川宣寿前国税庁長官への証人喚問を前に、安倍昭恵首相夫人とのやりとりなどを直接聴く予定。「被告は昭恵夫人の名前を連呼するのではないか」との見方が永田町では出ている。

 国会で「事実は小説より奇なり」など“籠池節”をさく裂させた証人喚問からちょうど1年。23日、籠池被告が再び口を開く。昨年7月31日に詐欺容疑で逮捕されて以降、弁護人以外とは面会できない状態が続いていた。

 野党6党は籠池氏にしか正確に知り得ない事項を確認する必要があるとして、19日付で勾留中の籠池被告との接見を求める申請書を大阪地裁に提出。22日に認められた。接見は野党が3党ずつ、2度に分けて実施。23日は午後4時ごろから15分程度で、立民の川内博史常任幹事会議長、希望の党の今井雅人国対委員長代理、共産党の宮本岳志衆院議員が参加。26日には民進党の矢田稚子参院国対副委員長、自由党の森裕子参院会長、社民党の福島瑞穂副党首が臨む。

 希望の泉健太国対委員長は会見で「籠池氏の主張を真摯(しんし)に受け止め分析し、証人喚問につなげていきたい」と強調した。財務省による改ざん前の文書では、昭恵氏が「いい土地ですから、前に進めてください」と発言したと籠池氏が述べたとされている。安倍首相は今月14日の参院予算委員会での答弁で「妻に確認したが言っていないとのことだった」と否定。野党としては、もう一方の当事者の籠池被告の発言を確認したいというスタンスだ。また、財務省理財局から報道機関の取材を受けないよう指示があったかどうかも確かめるという。

 昨年の証人喚問で籠池被告は、借地契約について昭恵氏付きの政府職員とやりとりがあったと述べた。また講演の際に昭恵氏から100万円を手渡されたとしたり、妻の諄子被告との間でメールが交わされたなどと主張。約8カ月の“沈黙”後、再び昭恵氏について多くを語る可能性は高いとみられている。

 野党関係者は「与党が籠池被告の発言の信ぴょう性に疑問を投げかけるのは織り込み済み。被告の新たな話だけでなく、真実を解明するためには昭恵氏の話も必要として、証人喚問へつなげたい狙いがある」としている。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

コメントを残す