柳瀬氏“安倍隠し”のらりくらり参考人招致「首相案件」完全否定(スポニチアネックス)

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、衆参院予算委員会は10日、柳瀬唯夫元首相秘書官を参考人招致した。柳瀬氏は2015年に3回、学園関係者と首相官邸で面会したことを明かした上で、安倍晋三首相には「一切報告していない」と強調。首相に関連した質問はのらりくらりと追及をかわし、加計隠しならぬ“安倍隠し”とみられる質疑となった。

 厳しい追及を受けても、よどみなく答弁を繰り返した柳瀬氏。過去の発言も巧みに軌道修正。面会について、3回にわたって会っていたことを明かして、場内をざわつかせた。

 同氏が学園関係者と知り合ったのは13年5月、首相が自らの別荘に学園の加計孝太郎理事長らを招いたバーベキュー会場。首相や加計氏と組は別だったが、ゴルフもともにしたという。

 首相官邸で最初に面会したのは2015年2月から3月ごろ。学園側から申し入れがあり「その時点で学園が獣医学部の新設を考えていると認識した」と説明。さらに、同4月の面会で、愛媛県や今治市の職員が同席していたかについては「10人近くの随行者の中にいたかもしれない」とし「記憶の限りお会いしていない」とのこれまでの説明を修正。「首相案件」発言には「獣医学部新設は総理が“早急に検討している”と述べている案件との趣旨は紹介したと思う」と説明。ただ「私の伝えたかった趣旨とは違う」とし、首相からの指示は「一切なかった」と語った。同6月上旬にも面会していた。

 計4時間半超に及んだ参考人招致。自分のことについては記憶が曖昧な一方、首相の関与だけは明確に否定し続けた。学園の計画を知ったのは昨年1月20日だったとする首相答弁との整合性が焦点になっている中、柳瀬氏は学園関係者と面会したことを「首相に報告したことは一切ない」と繰り返した。

 自身もかつて首相秘書官だった「無所属の会」の江田憲司氏は「私の常識に反することばかりで正直驚いている」とあ然。「秘書官は総理と一心同体。許認可や補助金の対象事業者と会うと、総理に累が及び疑念を抱く。普通、秘書官はそういうことはしない」と指摘。国民民主党の今井雅人氏は「差し障りのないところは認め、総理が関与していると思われるような部分については記憶がないとごまかしている」。自民党の石破茂氏も「秘書官は個人でなく(首相の)分身として会っていて、誰に会ったか報告するのが普通だ」と疑問を投げかけた。

 柳瀬氏は秘書官時代の面会方針を「来る者拒まず」としたが、特区に関して民間との面会は学園だけ。「加計ありき」の疑念が深まったとして、野党は学園の加計孝太郎理事長の証人喚問を重ねて要求。終盤国会に向け追及を強める。

 ▽加計学園問題 政府の国家戦略特区制度による獣医学部新設計画の公表前に、学校法人「加計学園」の計画について、文部科学省が内閣府とやりとりしたとされる複数の記録文書が判明。学園理事長は安倍首相の友人。早期開学を巡り「官邸の最高レベルが言っていること」「総理の意向」といった記載があり、選定過程の公正さに疑問の声が上がった。県と今治市が特区による計画の提案前に、県職員が面会した首相秘書官(当時)から「首相案件」と言われたとする県の文書も判明し疑念が深まった。

 【加計学園問題の経過】

 ▼15年6月30日 政府が「日本再興戦略」を閣議決定、獣医学部新設の検討と4条件を提示

 ▼16年11月9日 安倍晋三首相が国家戦略特区諮問会議で新設方針を決定

 ▼17年1月20日 諮問会議で加計学園による愛媛県今治市の新設計画認定

 ▼3月 加計学園が岡山理科大獣医学部の設置認可申請

 ▼5月17日 文部科学省が特区担当の内閣府から「総理の意向」と伝えられたとする記録文書の存在が発覚

 ▼6月15日 文科省が14文書が存在したと発表

 ▼11月14日 林芳正文科相が認可

 ▼18年4月3日 獣医学部で入学式

 ▼10日 愛媛県の中村時広知事が「首相案件」と記された備忘録の文書を職員が作っていたと説明

 ▼13日 斎藤健農相が農林水産省で「首相案件」文書が見つかったと発表

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントを残す