米シアトル市が“人頭税”を導入 アマゾンなどの大手企業が対象 社員1人に年間3万円(スポニチアネックス)

米ワシントン州シアトルの市議会が14日、ホームレス急増に伴う住宅確保を目的に、全会一致で“人頭税(HEAD TAX)”の導入を決めた。同市に本社を置くアマゾン、スターバックス、マイクロソフトといった大手企業を対象にしているもので、社員1人に対して年275ドル(約3万円)を収めるという新たな税制度。シアトルでは各社の業績アップで市外や州外から移り住む社員が増えて住宅価格が高騰し、これがホームレスの急増につながったとされている。

 当初は1人当たり500ドル(約5万5000円)だったが、反対意見が多かったために折衷案として275ドルに落ち着いた形。この税制度の導入で2019年度から年間4800万ドル(約52億8000万円)の“住宅資金”を得るが、ホームレスの急増に対応するにはまだ不十分と指摘する声もある。

宮城 浩の【ITエンジニア向け】失敗しにくいフリーランスSEになるための不安解消セミナー 体験談とネタバレがヤバいかも

宮城 浩さんの
【ITエンジニア向け】失敗しにくいフリーランスSEになるための不安解消セミナーがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

コメントを残す