ハワイ島の溶岩が海に流出 海水との化学反応で有毒の“塩酸雲”が発生(スポニチアネックス)

キラウエア火山の噴火に伴う溶岩の大量流出が新たな局面を迎えた。22カ所で発生した亀裂から流れ出た溶岩は20日になってハワイ島南東部の海岸に到達。AP通信によれば、溶岩は海水に到達して化学反応を起こし、塩酸やガラス粒子を含む水蒸気が上空に立ち上って有毒の“塩酸雲”となった。

【写真】海に到達したハワイ島パホア地区の溶岩

 当局では雲からできるだけ離れるように住民に勧告。肌に異変を感じたら、室内にとどまるように促した。

コメントを残す